すっぽん通販ナビ - お勧め料理と注目サプリとは?TOP > 基礎知識 > 飼育方法について

飼育方法について

 

あなたは、すっぽんの飼育について興味はありませんか?

 

飼育方法は一般的なカメとは全く異なるので、飼育するためにはまずその特性を理解しておく必要がありますよ。

まずは、すっぽんの肌についてですが、とても柔らかくその分繊細なので、皮膚病などにかかりやすいですね。

 

低温に弱い動物で神経質かつ気が荒いですが、とても臆病者で運動量はかなり多い動物です。

 

以上のことから分かる飼育方法のポイントは、低温環境で育てないようにすることですね。

 

また、複数飼育してしまうと、気が荒く神経質のすっぽん同士で争ってしまうことも考えられ、複数すっぽんを一緒に飼育することは避けた方がいいでしょう。

 

すっぽんが潜れる床材を用意すると良いですね。

 

飼育する時の容器については、フラットなプラケースが良いですね。

 

衣装ケースなどで代用することもできます。

 

深めの容器でも大丈夫ですが、飼育管理するには浅めの方が便利だと思いますよ。

 

しかし、運動量が多く数年で体も大きくなるので、最終的には70cmくらいの衣装ケースなどを使うといいと思いますね。

 

ですが、低温に弱いので、冬場の寒い時季などは保温器具を用意してあげるのが最もベストになります。

 

観賞魚用のヒーターなどを使うと良いですよ。

 

ケースの下に敷くシート型のヒーターでも大丈夫です。

 

屋内で飼育する場合には、紫外線が出ている照明を用意することも忘れないようにしましょう。

 

爬虫類専用の蛍光灯などがあるので、それを用意すると良いですね。

 

ただし、基本的には砂の中に潜るので、床材に砂を用意する必要がありますね。

 

目が細かい砂が1番いいですね。

 

深さ的には、すっぽんの甲羅が隠れるくらいまでの深さになるように砂を入れ、定期的に水を入れ替えし、水質管理もきちんと行うようにしなければいけませんよ。

 

これらの注意事項をしっかりと理解して、飼育を始めてみてはいかがでしょうか。

 

基礎知識記事一覧

種類について

あなたは、すっぽんには沢山の種類があるのを知っていますか?その生息地から名付けられたガンジススッポン、フロリダスッポン、ニホンスッポン、ハバヒロスッポン、トゲスッポン、シナ...

天然物と養殖物の違い

あなたは、天然のすっぽんがどこに生息しているか知っていますか?いま現在、日本国内にはほんのわずかですが天然のすっぽんが生息しています。そして、わずかですが天然のすっ...

カメとの違い

あなたは、すっぽんと亀の違いが分かりますか?すっぽんとカメは、似ているようですが違います。そこで、こちらではそれぞれの違う点を比較してみましょう。カメとの大...

スッポンモドキとの違い

あなたは、「スッポンモドキ」を知っていますか?すっぽんによく似ている動物で「スッポンモドキ」がいますよね。名前からしてすっぽんの仲間のようなのですが、実は違うんです...

飼育方法について

あなたは、すっぽんの飼育について興味はありませんか?飼育方法は一般的なカメとは全く異なるので、飼育するためにはまずその特性を理解しておく必要がありますよ。まずは、す...