遺品整理

遺品整理の仕方と手順に関して詳しくお話します。
ホームボタン
自分の身の回りを整理しようと思った時やる気

自分の身の回りを整理しようと思った時やる気

自分の身の回りを整理しようと思った時やる気がないと出来ませんよね。

それが遺品整理ともなると、猶更やる気が必要になってきます。

家をまるまる片付けなくてはいけないからです。

どうやって片付けるのか?そのコツはどこもかしも手を付けようとせず今日はこの部屋、明日はこの部屋といった様にいくつか区切りをつけて決めた部分を徹底的にやると良いそうです。

言われてみると、確かにあれこれ手を出すよりはいいですよね。

賃貸でも同じようにすると良いです。

大事な人が生涯を終えた時残されたご家族には遺品整理という物が残っていますよね。

これは誰もがやるべきことで、四十九日過ぎが好ましいようです。

身内だけでも整理できなくはないですが一軒家の場合は、荷物も多いので非常に大変です。

その様な場合は、プロに任せると良いでしょう。

ご家族から見ると、あまり高価なものではないように見えるものもプロの目からみるとお宝だったりして思いがけない臨時収入が出たという事も多々あります。

売却した金額を支払いに充てる事もできますね。

祖母の箪笥の整理を始めたら愛着していた着物が数点見つかりました。

祖母はずいぶん前に亡くなっているので捨ててしまう事しか考えてませんでしたが知人が着物を買い取ってくれる店舗を知らせてくれ早速問い合わせてみました。

遺品整理をしていた際に見つけた着物だという事を言ったら故人の物でも状態次第で買取します。

との事だったので鑑定依頼をしました。

昔から着ていたものだったので処分という選択肢はなるべく外したかったので良かったです。

家族で休みの日にリビングでテレビを見ていたら遺品整理の事をやっていました。

昨今は、親族で整理をするのではなく専門業者に頼んで片付ける方が沢山いらっしゃるようです。

頼む理由の中には「勝手に処分すると祟られそうだから」と、怖い話をされる方もいらっしゃいました。

うちも祖父母は何年も前に亡くなっていて遺品を片付ける手伝いは何度がしましたが祟りなんて一度も思った事はありません。

逆に、祖父母の若い頃の写真などを見る事ができ、とても有意義な時間だと思います。

魂がこの世にいるのは四十九日まで。

それを過ぎると天国に行くとされています。

残されたご家族にとっても切り替え時ではないでしょうか。

後は遺品整理が待っています。

片付けるのは気が進まない事だと思いますがその中にでも良い思い出の品は沢山あると思いますので残された方々にも良い思い出になると思います。

気が重い・・という事もあるかと思いますが遺族と故人の心の結びつきの時間と考えると少し落ち着いて出来るのではないでしょうか時々、アルバムを見つけて家族みんなで故人の話をしだした。

という心温まるエピソードも聞かれます。

手付かず状態だった祖母の家を訪問し洋服や食器などを片付けているとまた深い悲しみの感情が押し寄せてくることがありました。

遺品整理を始めるのは四十九日以降が適切だと言われたので実行してみたのは良いものの、まだ少し早かったようです。

しかしながら悪い事や悲しい事ばかりがあったのではなく整理品の中には私の成長記録が解る写真や祖母にあげた品々を沢山見つける事ができ今までずっと大事に保管してくれていた事を再発見でき祖母の深い愛情を再発見することが出来ました。

先日、家族皆で祖父の荷物を片付けていたらバリバリ会社で働いていた頃のおそらく社員旅行であろうと思われる写真が見つかり祖父の意外な顔を発見しました。

祖父は昔から堅気な性格の人でしたが写真の顔は非常に笑顔だったので思わずプッと吹き出してしまいました。

遺品整理は悲しい物と感じていましたが写真の祖父の笑顔に救われた気がします。

整理する事で大事な思い出を守る事ができます。

故人が愛用していたものを処分するのは残された親族がやるべき大事な事だと思います。

いつまでもそのままという訳にもいかず家を処分する事になった場合は、猶更やらなくてはいけない事だと思います。

遺品整理は身内のみで出来ない事ではありませんが専門業者に任せると、より手っ取り早いです。

その場合の料金はいくらくらいになるのか?心配な事も多いと思いますが、調べてみた所多くの場合、数万円〜数十万という事が多いようです。

決して安い値段ではないので、業者選びは慎重にしたいですね。

この前、家族で母方祖母の家を訪ねました。

四十九日が過ぎ、落ち着いてきたので遺品整理を始める為です。

最初は、やりたくなかった。

というのが本音です。

祖母が使用していたものを捨てるのに気が引けたからです。

しかし、どんどん進めていくうちに母の赤ちゃんの頃や子供のころの写真が出てきて私が見たことがない母の姿だったのでとても感動しました。

母親も、同様に驚きと懐かしい気持ちで写真を見ていました。

そこから母の幼少期の思い出話に花が咲き、手がずいぶん止まってしまいましたがこういう時間が持てる事もあるんだな。

と感動しました。

祖父の家に行き、家族で遺品整理をしていた時の話です。

思い出の品と共に、サインが入った契約書見つかったのです。

祖父は色々な事に興味があり、仕事にも情熱溢れる人だったのでいくつかの事業に参加したいた為だと思います。

内容を見ましたが、さっぱりわからず弁護士の先生に間に入ってもらう事にしました。

今でも有効な契約書なのかどうか。

という事を調べてもらい有効だと判断された物は法的な手続きをしてもらいました。

自分達では何をどうするか、全く解からなかったのでやはりプロに任せて正解だと思いました。

亡くなった方の遺品を整理する事は残された遺族の役目とも言えます。

が、この様な事が初めの場合どうすれば良いの?と迷ってしまいますよね。

その様な場合、買取業者や処分業者に頼るのがおすすめです。

遺族だけでもやろうと思えば出来ますが、大きな家具があったり家1軒分となるとかなり大変なので専門スタッフに任せた方が手っ取り早いでしょう。

もしかすると、お宝が眠っているかもしれません。

プロなら目利きができるので安心です。

部屋の整理をしようと思った時結構大変な作業になりますよね。

それが遺品整理だったら家の片付けよりもより大変です。

大きな物は処分に困る事もありますよね。

その時は、買取可能な業者を選ぶと良いです。

家の中の家具全て買取という事ではありませんが使えそうな物や高価ものでしたらだいたい買い取ってくれます。

それ以外の物は処分をしてくれるのでご遺族の手を煩わす事はありません。

昨今は情報が取りやすいので、個人情報流出もしやすいですよね。

記念だからとSNSに写真をアップされる方も多いですが今自分がいる場所が解ってしまう。

といった怖い話も聞きます。

そんな思いをしないように、自分自身でしっかりする必要があります。

一見、関係なさそうな遺品整理でも同じです。

なんせ、故人の住所や名前が書かれた書類が沢山出てくるからです。

それらの物も個人情報流出になりかねないのでシュレッダーにかけるなど、十分な対策をして下さい。

重要書類などは弁護士に相談してから処分法を決定すると良いかと思います。

私の家族と従妹の家々が先日祖母の家に集まりこれからの事について、どのようにするか。

話し合う機会がありました。

祖母が亡くなり、四十九日も無事に過ぎたのでこの家の権利の話や遺品整理はどうするか?について話合をする為でした。

みんなで集まるのはかなり久しぶりでしたが話し合う内容が内容なので楽しい雰囲気。

とはいきませんでした。

遺産相続というと、トラブルという言葉が頭に思い浮かんだのでかなりナーバスになっていましたが、その心配はなく皆が冷静に、祖母の事を思いやりながら話し合いができたので良かったです。

故人が亡くなった後、ご家族には遺品整理という仕事が待っています。

整理は残されたご家族でやろうと思えば出来ますが一軒家だったり大型家具があったりするととても大変です。

なので、買取業者や処分業者に頼むと良いと思います。

捨てる物だけでなく売れるものもまだまだあるかもしれません。

プロに任せると、ご家族が気づかない物も目利きしてくれるので思わぬ収入になった!という可能性もあります。

その利益で料金の支払いをした。

という方もいらっしゃいます。
Copyright (C) 2014 遺品整理の仕方と時期と手順をわかりやすく解説 All Rights Reserved.