遺品整理

遺品整理の仕方と手順に関して詳しくお話します。
ホームボタン
携帯電話は今や小学生でも持っている時代です。

携帯電話は今や小学生でも持っている時代です。

携帯電話は今や小学生でも持っている時代です。

どこにいても繋がれるのは便利ですよね。

しかし、自分のではなく、故人の遺品整理をしている時に見つけた場合どうすれば良いか困ってしまう方がほとんどだと思います。

調べてみた所、まずは解約をする必要があるみたいです。

契約している電話会社に事情を話すとスムーズです。

解約済みになったら、本体は売る事が可能です。

買い取ってくれる店舗に持ち込むと良いです。

もしも、買取は個人情報が心配なので気が引ける・・という事であれば処分する事ももちろん出来ます。

大事な家族が亡くなった時残されたご家族には遺品整理という大仕事がまっていますよね。

始める時期は、四十九日が終わったら。

というのが良いそうです。

しかし、これは故人宅が一軒家だった場合の話で万が一、賃貸住まいの場合は、少し時期を速めます。

ご家族だけでも整理は出来なくはないですが早く済ませたいのでしたら、処分業者に依頼すると良いでしょう。

ワンルームぐらいでしたら、数万円程度で依頼できます。

それ以上に整理しなくてはいけない物がある場合はトランクルームを一時的に借りてやり過ごす方法もあります。

祖母の箪笥を整理していたら良く着ていた着物が出てきました。

祖母が亡くなってずいぶん経つので処分する方向でいましたが友人が以前、自分の着物を売った店を教えてくれてネットから問い合わせをしてみました。

遺品整理をしていた際に見つけた着物だという事を言ったら故人の物でも状態次第で買取します。

との事だったので鑑定をしてもらえる事になりました。

大切に着ていたものですから捨てるのは忍びなかったから嬉しかったです。

個人情報の漏洩が騒がれている世間。

snsなどに良かれと思って写真をアップしたら場所が特定されてしまい、不特定多数の人に解ってしまう。

といった事もあり得ます。

怖い思いをしないように、情報はしっかりと守りましょう。

遺品整理の時も同じようにしてください。

なんせ、故人の住所や名前が書かれた書類が沢山出てくるからです。

考えなしに処分すると後で痛い目を見る事だって考えられるので紙類ならきちんとシュレッダーにかけましょう。

契約書や権利書などの場合は弁護士に相談すると良いです。

仏教の世界では、四十九日を過ぎると魂が天にあげられると言われています。

ご遺族の方々もようやく法事の行事から解放され始める時期だと思います。

それを過ぎた頃に始めるのが適切とされているのが遺品整理です。

愛用品を処分するのは気持ちの良い物ではありませんがその中にでも良い思い出の品は沢山あると思いますので残されたご家族にとっては慰めにもなりますよね。

片づけをするのは時間がかかる事だと思いますが残されたご家族と故人の思い出巡りと考えると落ち着いて整理を続けることができると思います。

整理品の中に故人の若かりし頃のアルバムを見つけ、新たな発見をした。

という方もいらっしゃいます。

他の物は良いけど、これは捨てられない!というもの、お持ちですか?私の場合は愛犬の写真類は捨てたくありません。

しかし、万が一私が他界した場合残された家族は遺品整理をしなくてはいけません。

残してもいても仕方ないので、処分されるのは少し残念ですが、仕方ない事かもしれません。

ですけれども、もし他の方に使ってもらえる事があるなら、それは願ってもいない事ですよね。

その様な時は、買取業者に依頼すると良いと思います。

何かあった場合はそこに依頼してもらえるようにお願いしてあります。

ご家族の誰かが亡くなると、その後には遺品整理をしなくてはいけません。

整理は残されたご家族でやろうと思えば出来ますが故人宅が一軒家だったり家具が多くあったりすると、かなりの重労働になります。

その場合は、買取業者・処分業者にも手伝ってもらうのが賢明です。

整理品の中には捨てるものだけでなく売れるものだって残っている可能性はあります。

プロがいると、そういった物にも気を配ってくれるので思わぬ収入になった!という事も様です。

中には、処分した利益で業者の料金を支払った方もいらっしゃるようです。

あなたの大切な人が天に召されたとき家族の悲しみは計り知れないものですよね。

しかし、残された者たちには、遺品整理が待っています。

この事は、どんな人も経験する事でしょう。

家族だけでやるのも良いですが大きな家具があったりすると大変です。

その様な場合は、買取業者や処分業者がおすすめです。

故人の物を鑑定・買取もしてくれるので残されたご家族の強い味方になります。

早期対応・24H受付という所もあるので調べてみて下さい。

祖母の家に、親戚が集まり先の事について話合う事がありました。

祖母が亡くなり四十九日も過ぎたので家や土地の権利、遺品整理についてそれぞれの意見を聞くためです。

みんなで集まるのはかなり久しぶりでしたが話し合う内容が内容なので楽しそうにする。

という事にはなりませんでした。

また、よく遺産を巡ってのトラブル話を耳にするので心配ではありましたが、今回はその様な事はなく淡々と冷静に皆で話し合い、納得できたので良かったです。

大事なパートナーが亡くなり、遺品整理をしている時衣類が大量に出てくると思います。

洋服は資源ごみで捨てるしかない。

と思われがちですが、買取業者や処分業者に依頼すると良いでしょう。

洋服全部という訳にはいきませんが、多少の値段は尽きます。

高価なブランド品や着物類など捨ててしまうのは抵抗がある・・という事であれば是非、利用してみてください。

値段はそこそこだとは思いますが故人の物を捨てる事なく次に活かせます。

遺品整理という言葉を聞いたことがありますか?ご家族の誰かが亡くなった場合、業者に依頼をする方達が増えているようです。

そう言われてみると、確かに全部の荷物を片付けるのはかなり大変な事です。

また、故人が店を経営していたりした場合は一般ごみのみならず、産業廃棄物の処理もあります。

これは、許可がないと処分できないゴミですのでやはり業者に頼むのが一番スムーズになるそうですね。

が、アルバムや思い出の品など取っておきたいものがあればきちんと遺族側で整理しておいた方が良いでしょう。

模様替えをしょうと思って部屋を片付ける時すぐに終わらせるはずが意外にも時間がかかったりするものですよね。

もし、それが遺品整理だった場合自分の事よりももっと大変な作業になります。

特に大きな物は処分に困る物もありますよね。

そのような時は、買取もしてくれる業者に依頼をされてください。

家具全部。

とは言えませんが使えそうなものや綺麗な物は対象になります。

買い取れない場合は処分をしますのでご家族が大変になる事はほぼありません。

先日、家族そろって祖母の家を訪問しました。

ようやく四十九日を迎える事ができたので、遺品整理をする為です。

正直な所、あまりやりたくはありませんでした。

祖母の愛用品を捨ててしまう。

という行為をしたくなかったからです。

ですが、片付けを進めていくうちに母の赤ちゃんの頃や子供のころの写真が出てきて見たことない母親に驚きました。

母親も驚きながらも写真を楽しそうに見ていました。

思い出話につい無中になり、手が止まってしまいましたがこんな時間が持てると思っていなかったので嬉しかったです。

自分の部屋を片付けようと思った時やる気と気合が必要になりますよね。

それが亡くなった家族の遺品整理だった場合、よりやる気と気合が必要になります。

部屋1部屋だけで良い。

という訳ではなく、家丸ごと一軒・・といった風になるからです。

上手く片付けるコツはあれもこれもやろうとせず今日やるのはこの部屋、次来た時はこの部屋といった具合にいくつか区切りをつけて決めた部分を徹底的にやると良いそうです。

どこもかしこも手をだすと、二度手間になる事もあるので良い方法だと思います。

これはアパートなどにも使える技なので是非覚えておいてください。

遺品整理は、亡くなったご家族の所有物を処分する事です。

この事は、残された遺族の役目とも言えます。

整理をしなければ、心の整理もできませんし故人の自宅を売却する。

となった場合は猶更の事です。

親族だけで片づけようと思えば出来ますが出来れば業者に買取を依頼した方が良いでしょう。

高額な値段が付く遺品が眠っているかもしれません。

買取品の合計は遺族の物になるので中には、買取をしてもらった値段で料金を賄えた。

という方もいらっしゃるほどです。
Copyright (C) 2014 遺品整理の仕方と時期と手順をわかりやすく解説 All Rights Reserved.