遺品整理

遺品整理の仕方と手順に関して詳しくお話します。
ホームボタン
亡くなった方が生前使っていた物を片付けている時どこ

亡くなった方が生前使っていた物を片付けている時どこ

亡くなった方が生前使っていた物を片付けている時どこかの神社のお札やお守りなどが出てくることもあるかと思います。

そういった物は、ごみにサッとすてる・・という事はしずらいものだと思います。

その様な場合、遺品整理の業者に頼むと良いと思います。

そういったゴミを供養・お炊き上げをきちんとしてくれる会社もあります。

ちなみに、リサイクル可能な家電や家具に関しては値段がつく場合もありますどちらにせよ、相談は無料という会社がほとんどなので是非電話をしてみてください。

遺品整理をご経験された方、いらっしゃいますか?ご家族の誰かが亡くなった場合、業者に依頼をする方達が増えているようです。

故人が使っていた物全てを処分するのは家族でもかなり負担が大きい作業です。

また、故人が店を経営していたりした場合は産業廃棄物も出る可能性があります。

許可を取らないと処分できないゴミなので専門業者に依頼した方が家族の負担も減らせます。

ですが、例えばアルバムや捨ててほしくない物などは家族で仕訳をして取っておいてください。

故人が生前所有していた財産は遺品整理をしていく中で親戚で話し合うべき事になりますよね。

家と土地が対象の場合がほとんどですが、車も含まれます。

しかしながら、車は分配するよりも、専門とする業者に引き取ってもらう事が多いようです。

何台も所有している場合、相続すると必要書類や手続きも大変になりますが買取依頼となると、手続きも難しくなく、手を焼くことも少ないようです。

買い取ってもらった金額は遺族側に渡るのでそこから分けても良いですが整理をするときに出た費用の負担にすれば親戚同士がいがみ合う事もないのではないでしょうか。

先日、家族で祖父の遺品整理をしていた時の事契約書がいくつか出てきました。

生前の祖父は仕事人間だったので事業もいくつかやっていたようです。

内容は私たちでは理解できず先日、弁護士事務所に相談に行きました。

内容を読んでもらい、有効な契約書なのかを調べてもらい有効な物は相応の手続きの支持を頂きました。

自分達では良く解らず、どうする事も出来なかったのでやっぱり専門職の方の支持が聞けて良かったです。

故人の所有物を処分する事は遺族にとってはつらいですが大事な役割です。

いつまでもそのままという訳にもいかず家を処分する事になった場合は、猶更やらなくてはいけない事だと思います。

遺品整理は家族のみでもできますが専門業者に任せると、より手っ取り早いです。

料金はいくらくらいになるのかしら?と不安になりますよね。

調査してみた所だいたい、数万円〜数十万掛かるようです安くはないので、信頼できる業者選びが肝心になってきますね。

家族のうちの誰かが亡くなった時、遺品整理が待っています。

残されたご家族だけでやろうと思えば不可能ではありませんが家丸ごと1軒となったり家具が多くあったりすると、かなりの重労働になります。

その場合は、買取業者・処分業者にも手伝ってもらうのが賢明です。

処分対象の物だけでなく売れるものも混じっているかもしれません。

プロがいると、そういった物にも気を配ってくれるので思わぬ収入になった!という可能性もあります。

その利益で依頼料金を支払った。

といった事もあるようです。

故人がなくなると、ご家族には遺品整理がまっています。

が、悲しい中でやるのはもっと悲しみを深くするだけだと思います。

では、どのぐらいから始めるのが適切なのか?調査した所、気持ちの整理がつく、四十九日ごろが良いようです。

とはいえ、これは持ち家だった場合の事で故人が賃貸に住んでいた場合明け渡す必要があるのでもう少し早まります。

困った時は、トランクケースを一時的に利用するなど一時的な置き場所を作るご家族も多いようです。

どの場合にせよ、プロに依頼するとスムーズです。

先日、家族でお昼のテレビを見ていた時遺品整理の特集をしていた番組を発見しました。

昨今は、親族で整理をするのではなく専門業者に頼んで片付ける方が沢山いらっしゃるようです。

中には、「亡くなった人の物に手を付けると祟りがありそうだから」と、怖い話をされる方もいらっしゃいました。

私の祖父母もすでに天にめされていて遺品を片付ける手伝いは何度がしましたが捨てたら祟られる、とは一度も考えませんでした。

逆に、祖父母の若い頃の写真などを見る事ができ、とても有意義な時間だと思います。

インターネットで色々と検索していると様々な企業の広告が出てきますよね。

最近は、遺品整理の会社のを見ました。

その時はあまりピンと来ませんでしたが、親戚が亡くなった。

との連絡が来た時一気に現実の物となり、頼った方が良いのか?考えさせられました。

結局、業者には頼まず、親戚一同で片づけを行いましたが非常に大変で、何日にも分けてやりました。

業者に頼んでいたら、もっとスムーズだったと思います。

故人の遺品片付けは誰でも経験する事だと思うので話ずらい事かもしれませんが、事前に相談しておくと楽です。

天に召された家族がいると遺族の方は遺品整理がまっていますよね。

始める時期は、四十九日が終わったら。

というのが良いそうです。

ですが、あくまでも一軒家だった場合で賃貸住宅の場合は、もう少し早まります。

遺族だけでも整理は可能ですがもっと手っ取り早く済ませたい場合は、処分業者に依頼するのが良いでしょう。

1部屋のみでしたら、そんなに高額にはなりません。

それでも荷物が多い場合はトランクルームを一時的に借りてそこに置く方法もあります。

あなたの大切な人が天に召されたとき家族の悲しみは計り知れないものですよね。

ですが、残された家族には故人の物を処分するという遺品整理が待っています。

この事は、どんな人も経験する事でしょう。

自分達でもやろうと思えば出来ますが家まるごと1軒ともなるとかなり大変です。

そんな時は、買取業者や処分業者に任せてみてはどうでしょうか。

遺品を鑑定してくれたり、処分したりしてくれるので残された方々のお手伝いをしてくれます。

早期対応・24H受付という所もあるので調べてみて下さい。

便利な世の中ですが、それに伴い、個人情報も漏れやすくなっています。

思い出に、とSNSに写真を載せただけなのに特定の場所がバレてしまうなど、怖い話を聞きますよね。

怖い思いをしないように、情報はしっかりと守りましょう。

遺品整理の時も同じようにしてください。

亡くなった方とは言え、住所や名前が書かれた物が出てくるからです。

不用意に捨ててしまうと、情報漏洩に繋がりますのでシュレッダーなどを活用し、確実に処分しましょう。

もし、処分するのが心配な書類は弁護士に相談すると良いです。

祖母の箪笥の整理を始めたら昔よく着ていた着物が数点出てきました。

祖母が亡くなってずいぶん経つので最初は処分するしかない。

と思っていましたが知人が着物を売ったことがあるという店舗を教えてくれ電話で問い合わせてみました。

遺品整理で見つかったものだというと状態が良ければ買い取ってくれる。

との事でしたので実際に見てもらえる事になりました。

良く着ていたものだったので捨てるのは忍びなかったから嬉しかったです。

自分の部屋を片付けようと思った時気合を入れて頑張ろうとしますよね。

それが亡くなった家族の遺品整理だった場合、よりやる気と気合が必要になります。

家をまるまる片付けなくてはいけないからです。

上手く片付けるコツは焦って色んな所に手を付けるのではなく今日やるのはこの部屋、次来た時はこの部屋といった具合にやる部分をきちんと決めて動くのが良いと言われています。

どこもかしこも手をだすと、二度手間になる事もあるので良い方法だと思います。

アパートでも同じ事が言えるので、是非やってみて下さい。

母方の祖母の家にこの前行きました。

遺品整理をする為です。

正直な所、あまりやりたくはありませんでした。

祖母の愛用品を捨ててしまう。

という行為をしたくなかったからです。

が、片付けも終盤に差し掛かった頃私の母の小さい頃の写真などが出てきて今まで見たことがない母親の写真だったのでつい見入ってしまいました。

母も、自分の幼少期の写真を懐かしそうに眺めていました。

そこから思い出話が始まり、整理するのに時間がかかってしまいましたがこの様な時間を持て、祖母に感謝です。
Copyright (C) 2014 遺品整理の仕方と時期と手順をわかりやすく解説 All Rights Reserved.