遺品整理

遺品整理の仕方と手順に関して詳しくお話します。
ホームボタン
遺品整理をご経験された方、いらっしゃいますか

遺品整理をご経験された方、いらっしゃいますか

遺品整理をご経験された方、いらっしゃいますか?遺族だけで整理するのではなく、業者も交えて片づけをするご家族が多いようです。

故人が使っていた物全てを処分するのはいくら家族でもとても大変ですよね。

また、故人がもし事業をしていた場合は産業廃棄物も出るでしょう。

許可を取らないと処分できないゴミなのでやはり業者に頼むのが一番スムーズになるそうですね。

けれども、捨てられては困るものは家族で仕訳をして取っておいてください。

個人情報が漏れやすい昨今。

snsなどに良かれと思って写真をアップしたら場所が特定されてしまい、不特定多数の人に解ってしまう。

といった事もあり得ます。

便利になった世の中だからこそ、情報は自分自身で守らないといけません。

遺品整理をする際も同じような事が言えます。

住所や氏名が解る書類はもちろんの事、故人の写真なども出てくる。

それらの物も個人情報流出になりかねないのでそのまま捨てるよりも、シュレッダーにかけるなどして対策をして下さい。

どうやって処分して良いか解らない物は一度弁護士に相談すると安心かと思います。

遺品整理のご経験がある方は多いと思います。

故人が亡くなり、四十九日が終わったらやりだす方が多いようです。

うちは整理する必要なんてない。

との話も聞きますが、暮らしている以上その可能性は低いでしょう。

もし、故人が賃貸に住んでいた場合は次の入居者の事もあるので四十九日前にする必要があります。

片付けをする時は専門業者に頼むと楽です。

金額は、1ルームのお部屋で数万円程度からになるところがほとんどです。

一軒家になると、倍になる事もありますが使えそうな家具・家電があったら買取依頼をする事も可能です。

遺品整理は、亡くなったご家族の所有物を処分する事です。

これは、遺族がやるべきこととも言えるでしょう。

整理をしなければずっと物が残ったままですし故人の自宅を売却する。

となった場合は猶更の事です。

身内だけでもやろうと思えば出来ますが専門業者に買取を依頼するのが一番手っ取り早いです。

故人所有物の中には、思わぬ高額商品があるかもしれません。

もちろん、それも遺族の物になりますので中には、買取をしてもらった値段で料金を賄えた。

という方もいます大事な人が天に召され、四十九日が過ぎた頃残された人達に待っているのが遺品整理です。

深い悲しみの中でそんな事はまだ・・と考えられている方もいらっしゃると思いますがずっとそのままにしておく。

という訳にもいかないと思います。

万が一、賃貸住宅にお住まいだった場合は、そうも言っていられません。

残された方々だけでやろうと思えばできますが出来れば、専門業者に依頼すると良いでしょう。

時間短縮だけでなく、買取もしてくれるので、臨時収入になるかもしれません。

処分業者や買取業者は沢山あるので、評判が良い所を選びたいと思ったら口コミサイトやランキングサイトが参考になります。

生前愛用していた物を片付けている時お札やお守りを見つけた事、ありませんか?そういった物をただ捨てるのは何となく気分が悪い物ですよね。

その様な場合、遺品整理の業者に頼むと良いと思います。

亡くなった方の一般ごみを処分するだけでなく供養やお炊き上げといったサービスもしてくれる所があります。

また、まだ使えそうなものに関しては買取可能な場合もあります。

相談は無料で出来ますのでどんどん相談してください!先日、家族そろって祖母の家を訪問しました。

四十九日が過ぎたので、遺品整理の時期が来たからです。

正直な所、あまりやりたくはありませんでした。

やはり祖母が使っていたものを捨てたりしてしまうのは悲しかったからです。

けれども、片付けを初めてちょっと経った頃私の母の小さい頃の写真などが出てきて今まで見たことがない母親の写真だったのでつい見入ってしまいました。

母も、自分の幼少期の写真を懐かしそうに眺めていました。

思い出話につい無中になり、手が止まってしまいましたがこの様な時間を持て、祖母に感謝です。

生前の故人宅を片付ける時どこまで整理すれば良いのか良く解らない。

というご家庭が多いと思います。

アパートならともかく持ち家ともなると部屋数分だけ遺品整理をする必要があるからです。

部屋数が少ない賃貸でも、大家さんの事があるので早めにしないといけません。

悲しみと法事の手配に追われる中ご遺族はこの様な事も考えていかないといけないので悲しみに浸っている暇もありません。

ですが、整理をしながら良い思い出が蘇れば故人も安心していらっしゃるのではないでしょうか。

人の魂は四十九日を過ぎてようやく天に上ると昔から言われてますよね。

遺族の方にとってもそろそろ心の整理ができる頃ではないでしょうか。

後は遺品整理が待っています。

故人の物を片付けるのは何となく悲しい気持ちもありますが楽しい思い出がいっぱいの品もあると思うのでご遺族にとっても心が癒される瞬間だと思います。

片づけをするのは時間がかかる事だと思いますが残されたご家族と故人の思い出巡りと考えると落ち着いて整理を続けることができると思います。

荷物の中にアルバムを見つけ、思い出話に花が咲いた。

といった事も良く聞きます。

私の家族と他の親族が祖母の家に集合し先の事について話合う事がありました。

亡くなった祖母の四十九日が終わったので土地・家の権利や祖母が残した物の遺品整理について話し合う為です。

久しぶりの親戚一同の集まりでしたが話合わなければいけないのがそういった内容だったので楽しい雰囲気。

とはいきませんでした。

遺産となるとトラブルの元になるような気がしていたので心配ではありましたが、今回はその様な事はなく納得できる話し合いだったので安心しました。

先日、祖母の家を訪れて日常に使っていたものや洋服などを片付けていると多々悲しい思いになる事があり、気が滅入りました。

遺品整理は四十九日以降にするのが良いと聞いたことがあるのでやってみたは良いものの、やはり気持ち的にまだついていけない部分があります。

ですが、悲しい事ばかりではなく整理品の中には私の成長記録が解る写真や祖母にプレゼントした数々の品物も目にする事ができ今までずっと大事に保管してくれていた事を再発見でき祖母が今までどんなに皆を大事に思っていたか。

良く理解出来たきっかけになりました。

ご家族の誰かが亡くなった場合残された人達には遺品整理という仕事が待っています。

誰もが経験しなければいけない事で、四十九日過ぎからが良いようです。

家族のみで出来なくもないですが故人宅が一軒家だったりする場合は荷物も多いので大変です。

そんな時は、処分業者や買取業者を頼むとよりスムーズです。

遺族から見れば、あまり価値のない様なものでもプロの目からみるとお宝だったりして思いがけない収入になった。

という事もあるようです。

そのまま支払の足しにする事もできるのでお勧めです。

亡くなった方の遺品整理をしている時衣類が大量に出てくると思います。

洋服は資源ごみが切って燃えるゴミに捨てるしかない。

と思われがちですが、買取業者に頼むと洋服全部という訳にはいきませんが、多少の値段は尽きます。

着物やブランド品など処分するのに気が引ける・・という物があれば一度依頼してみると良いでしょう。

値段はそこそこだとは思いますが故人の物を捨てる事なく次に活かせます。

故人の物を遺品整理する事は残された遺族の役目とも言えます。

ですが、初めてのケースの場合どうやって整理をするの?というご家族がほとんどではないでしょうか。

そんな時は、買取業者や処分業者に依頼をするのがおすすめです。

親族だけで片づける事も不可能ではないですが家まるまる1軒となるとかなり大変になるので専門業者に任せた方が早く片付きます。

所有物の中には、高い値段が付くものもあるかもしれません。

プロなら目利きができるので安心です。

自分の部屋を片付けようと思った時気合をいれないと難しいですよね。

もしそれが遺品整理だった場合、もっとやる気が必要です。

部屋1部屋だけで良い。

という訳ではなく、家丸ごと一軒・・といった風になるからです。

上手く片付けるコツはあそこもここもやらなくては!と焦るのではなく今日は寝室、次はリビングといった感じで部屋を区切って確実に片付けるのが良いそうです。

確かに、どこもかしこも・・となるとパニックですよね。

アパートでも同じ事が言えるので、是非やってみて下さい。
Copyright (C) 2014 遺品整理の仕方と時期と手順をわかりやすく解説 All Rights Reserved.